接続詞-起きた事から結論を出す”既然”

複文の前半に用い、既に実現したことや確実であることを引き合いに出して、後文で結論を述べるために用います。

単語:既然 jìrán
 
意味:~したからには・・だ。
 
例文:既然他的病已经好多了,他就因该回公司继续工作
 
ピンイン:jìrán tā de bìng yǐjīng hǎoduō le ,tā jiù yīn gāi huí gōngsī jìxù gōngzuò
 
日本語訳:彼の病気は既に良くなったのだから、会社に戻って引き続き仕事をするべきだ。
 
ワンポイント:”如果”はまだ起きていない事柄を「仮定」して文を作りますが、”既然”は「既に」起きた/確実に起きることを引き合いとして文を作る部分が異なります。
 
例文を作る時は、既知の事実などを前提として何か言いたい時に使うことを意識すると作りやすいと思います。


例文2:你既然决定要去中国留学,就别再踌躇了。
 
ピンイン:nǐ jìrán juédìng yào qù zhōngguó liú xué jiù bié zài chóuchú le
 
日本語訳:中国留学に行くのを決めたんだから、もうためらわないで。
 
ワンポイント:前後の文の主語が同じであれば、”既然”は主語の後に置きます。
 
≫≫ 例文重視の単語帳レビューはこちら!

このページの先頭へ